私は雑兵

社内ニートが何者かになりたいブログ

【その他】人生の棚卸をしていこうと思う

f:id:tawashi_ch:20190207093111p:plain

最近、なんだか体が重いし、思考がぐるぐるしている。

人によっては何も考えないをできるらしいが、私には不可能なようだ。いつもなにか考えているし、考えていないときは頭の中に音楽が鳴り響いている。

 

つい最近までうっとおしいと思ったことはなかったのだが、ここ最近、うっとおしすぎて現実が見れなくなってきているのでそろそろ改善したい。

 

【目次】

 

人生は有限なのだ

昔、伊坂幸太郎の小説で「時間は有限なのよ」って台詞があったのだけれど、まさしくそれで、人生は有限なのである。

 

朝起きて、ご飯食べて、洗濯ものとかモルモットの世話とかして、服着替えて、化粧したら家を出る時間だ。

家に帰っても、夕飯つくって、風呂の準備をして、弁当つくって、家の片づけをして。せいぜい30分ほどギターを弾くのと、30分ほど同棲している恋人と話すのが自由時間だ。

 

一体、何故こんなにも時間がないのだろう。

理由は単純。やることが多いのである。あれやって、これやって、と考えているだけで時間が過ぎていくため、動くしかないのである。もう、子供とかいようものならどんな生活なのだろうと戦々恐々としている日々だ。

 

たぶんだけど、人間は働きすぎよ

たぶんだが、こんな生活身が持たない。

五月のゴールデンウィークまでは持ってくれ!と念じながら生きるのは、実は結構ギリギリだ。

できることなら、お金に固執せず、体調もむりせず、自分がしたいと思えることができる人生にしたい。

もちろん、そのためにマルチ商法に手を出したり、ブロガー目指したりというのはしないつもりだ。(別にブロガーが駄目と言っているわけではなく、あくまで私には合わないという考えだ)

 

仕事でもそうなのだが、複数のプロジェクトを持つのが一番しんどい。人生だってそうである。やることが多ければ多いほど、人は疲れていく。もちろん、充実はしてくるけれども。過度の頑張りはきっと人をダメにするはず。

いい加減、自分の体を補修してあげなければならない。

 

そろそろ、人生のタスクを棚卸するときがきたようだ。

不要なものをリストアップして、将来に向け、準備を始めなければ……