私は雑兵

社内ニートが何者かになりたいブログ

【うつ病】うつ病なんですって大声で言えないこんな世の中じゃ……

f:id:tawashi_ch:20190320092621p:plain

ブログを書くのに飽きたわけではない。

居住地を襲った爆弾低気圧により、睡眠不足と偏頭痛、精神の摩耗を併発し、死に絶えていたのである。

ただでさえ碌な文章を書かない人間が、このような状況では目も当てられない文章しかかけないので、急遽お休みをいただいていたのだ。もし、このときの私が文章を書いていたら画面いっぱいの「頭痛い」「腹減った」「死にそう」の三単語をお送りすることになったろう。危ない、危ない。

 

この低気圧による不調が出るようになったのはうつ病になってからである。おそらく、うつ病と何か関係があるのかと思うが、会社には元うつ病患者であることは黙っているため体調不良の連絡にも気を付けている次第だ。

 

【目次】

 

うつ病を公言するのは難しい問題

実際、自分が会社の上司で部下が「うつ病なんです」と言ってきたらどう思うだろうか。

私はうつ病を経験した側であるため、真っ新な気持ちで回答することはできない。現在の自分がそんな部下にできることは業務量の調整と休養のアドバイスくらいなものであろうが、うつ病を経験したことのない人間であればどのような対処をするのだろうか。

 

恐らく、全員が全員「うつは甘え」などと思っているわけではないのだろうが、それでもごく一部にそれは存在している。

うつ病とは精神の病気であり、精神は鍛えぬいて、耐え抜き研ぎ澄まさなければならないものであり、その過程でしんどいというのは甘えであるという思考回路だ。訳がわからないよ……

 

全員が全員、そういうわけではないのは理解している。しかし、そうした一部の人を恐れて、私たちはうつ病を隠し通すしかできないのだ。会社での評価など、糞の役にも立たないと投げ捨てている私ですらそうなのだから、真面目に人々の間で神経をすり減らしている方であれば、その恐怖は百倍でも語れないであろう。

 

うつ病って完治しないんだよね

うつを経験したことがない人が考えているうつ病というのは「病気なのだから完治すれば問題ない」というものであろう。

しかし、実際には完治というものはおそらく存在せず、せいぜいが寛解程度なのではないかと私は感じている。

 

私の周囲にはうつ病を発症した人が多いが、誰しもが完治には至っていない。トラウマのようなものを抱え、自傷を繰り返したり、メンタルがヘラってたり、まあとにかく怪我と同じでクセがついてしまうのだろう。かくいう私もトラウマを発症させたり、上記の低気圧に弱い体質になってしまった。

 

そのために、一度うつ病を治療し、ある程度まで治った人間が、普通の人間として勤務するとそのできなさにがっかりする。しかも上記の理由でうつ病を公言するのがはばかられ、職場で誰によりかかることをせず、自立して立とうとしてしまう。

こうして見事に再発してしまうケースも稀ではないのではなかろうか。

 

結局、世の中がストレスフリーになるか、自分から休むしかないのかね

まあ、何が言いたいかというと、こういった場合の元うつ病患者は「世の中がストレスフリーになる働き方改革をただ待つ」か「自分から率先して休む」かを選択する必要があるということである。

前者は非常に非生産的だ。おすすめは後者である。

 

自分の体は、社会に出ると自分しかいたわれないのだ。
再発し、手遅れになる前に「身内の怪我」とか「体調不良(意味深)」とかで休んでしまおう。

 

私も春先はこうなってしまうのでブログも休み休みになるかと思うが生存しているので許してほしい。