私は雑兵

社内ニートが何者かになりたいブログ

【社内ニート】一生懸命に生きたいだけなんです

f:id:tawashi_ch:20181017105551p:plain

休日はいいなぁ。

なにが良いって、朝は日の出とともに起きても怒られないし!

朝、昼、晩と温かいご飯が食べられるし!

なにより、家事という作業が絶対にあるし!

 

社内ニート的には会社は作業もなく無の時間を過ごす場所であり、自宅こそが作業を行う場所となってしまうのである。

 

いや、普通逆なんですけどね。

 

【目次】

 

忙しくありたいのではなく、適度でありたい

こうして社内ニートとして過ごして1年が経とうとしている。

1年というときを経て、私がいったい何を取得し、何を生み出したのか。

 

当初、社内ニートの時間は孤独でしかなかった。

毎日のように会社へ出向き、適当な資料を立ち上げてボーっと過ごす。

会議があれば喜んでついていき、それでも会話に混ざることはできないから時間が流れていくのを、ただただ眺めている。

 

私がしたかったのはこういう仕事ではない、とはっきり言いたい。

確かに、過去には過労で倒れたこともあるが、それでも働きたくないわけではないのである。

適度な仕事と、小回りの利くスケジューリングさえどうにかなってくれれば、毎日定時までしっかり頭と指先を動かしてお仕事をする。

そうやって適度な疲れとともにさわやかに退勤する生活を、ごく当たり前の生活を手に入れたいだけなのに。

 

本当、どうしてこうなったよ。

 

受信と発信をしないと人間は腐り果てる

受信するのは簡単だ。

しかし、そこで受信したものを中心に何かを生産しないと、人間は腐ってしまうように思う。

 

私は社内ニートであることを経験としてとらえ、ブログにて自分のヘドロを吐き出すようにしている。

これがなければ、もうとっくの昔に私は腐り果てていたであろう。

 

ブログを書くようになり、様々なブログに目を通し、そして共感したり反論したりする。

そういった行動一つ一つが社内ニートである自分を救ってくれるのは理解している。

 

しかし、願わくば、それを仕事でしたかったなあっ!

 

社内ニートだって一生懸命仕事がしたい

自分の精神の健康を維持するためには、ブログが必要だ。
少なくとも私はそうである。

現状置かれている状況を分析して、文章におこし、公開する。
それだけで、少し自分以外の何物かとかかわれる時間にすることができるのだ。

 

ただ、それを、仕事で体験したいだけなのである。

 

ブログの文章でPDCAサイクルを回さなくて、仕事で回したいのだ。

会議に本格的に入り込んで、意見を言って、資料作成を必死にやって、ちょっと難しい納期をやりきって「役に立った!」と実感したいのだ。

 

社内ニートだって一生懸命仕事がしたい!

 

これ、ライトノベルのタイトルになりませんかね?