私は雑兵

社内ニートが何者かになりたいブログ

【LGBTs】結局、"いじめっ子のそれ"じゃないかな?

f:id:tawashi_ch:20180828202042p:plain

 

朝、会社にきて、メールを返信して、一息ついて、ブログを更新。
そしてそのまま、自分の見ているブログを徘徊。

 

そんな毎日のなか、とあるお方が言及していた記事を見てショックを受けた。

 

www.ituki-yu2.net

 

ものすごく簡単に経緯を書くと

 

  • 杉田水脈議員が「LGBTsは生産性がない」発表
  • 杉田議員について批判コメントが殺到
  • 新潮45という雑誌にて「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」という企画が掲載される(杉田議員を擁護する内容)
  • 新潮社に批判が殺到 ← イマココ

 

である。

 

blog.me-zohyo.com

※ちなみに水田水脈議員の発言についてはこの記事を参照


なんともまあ、すげえ騒動だなぁと思うと同時に、日本にはまだLGBTsを誤解している人が多数いることに気が付いた。

 

というか、いつまで自分の感覚が当たり前だと思ってるの?

 

【目次】

 

"LGBTsと痴漢だって同じことで、痴漢も擁護することになっちゃうよ?"という謎理論

この論文にはこのような内容が掲載されていたという。

 

LGBTの生き難さは後ろめたさ以上のものなのだというなら、SMAG(編注:サドとマゾとお尻フェチと痴漢を指す小川氏の造語とのこと)の人達もまた生きづらかろう。ふざけるなという奴がいたら許さない。LGBTも私のような伝統保守主義者から言わせれば充分ふざけた概念だからである。

 

要約すると「LGBTsだけ擁護されるのっておかしくない?サディスト、マゾヒスト、おしりフェチ、痴漢も擁護すべきになっちゃうよ?いいの?」ということだ。

 

先に言っておくがLGBTsと性的趣向を同一視することがまず間違っている。

 

LGBTsというのは恋愛対象がだれであるか、という原点的なものであるのに対し、フェチズムなどの性的趣向はその上段階のものだからである。

 

また、LGBTsだからといって誰に迷惑をかけるわけでもない。
もちろん、LGBTsの人間がそれに理解のない人間に強引に攻め寄っているのならばそれは問題である。


しかし、それはモラルの問題であり、LGBTsを根本的に差別してよい理由には当てはまらないのだ。

 

"伝統保守主義者から言わせれば充分ふざけた概念"とかいうふざけた概念

本当、老害という言葉はどなたが作られたのだろうか。
まことに的を射ている言葉である。

 

つまり、論じている人が言いたいのは「ボクチンたち伝統保守主義者が正義!LGBTsたちはふざけた概念!ボクチンすごい!」ということであろうか。

 

実際にこのような口調で言っているのであれば私も「そうでちゅねー、日本語じょうずなお子ちゃまですねぇーベロベロバー」とかやるのだが、これを書いているのが大人なのだから情けない

 

有名な言葉で"正義の反対は悪ではなく別の正義"という言葉がある。


これになぞらえるならば、彼ら"伝統保守主義者"からしたふざけた概念とやらは、ふざけた概念側からすればふざけた概念他ならないのだ。

 

もう一度いうが、LGBTsは病気ではない。彼らは生まれた時から恋愛対象が異性愛者と違うだけなのだ。


これは異常なのではなく、そういった性質だ。

 

生まれ持って、努力で変化できないものをからかったり、罵倒したりするのは差別だと思っているが、間違いなくこの意見は差別であるし、LGBTsからすれば最大の侮辱である。

 

もしこの理論がまかり通るのであれば「異性愛者も気持ち悪い」という概念がまかり通って初めて差別のない世界と言えよう。

 

果たして、この論文の筆者はそれを許容できるのであろうか?

 

LGBTs差別に加えて、女性蔑視までとは、恐れ入ります。

満員電車に乗った時に女の匂いを嗅いだら手が自動的に動いてしまう、そういう痴漢症候群の男の困苦こそ極めて根深かろう。彼らの触る権利を社会は保障すべきではないのか。触られる女のショックを思えというか。

 

触られる女のショックを思えというか。

……?

 

触られる女のショックを思えというか。

 

いや、ショックだろうよ!痴漢されたら!!!

 

痴漢が病気のようなもので、再発が非常に多いことは理解している。

しかし、それを理由に女性を傷つけていいのであれば「我は魔界の王……」とかいう中二病が魔剣を持って町をさ迷い歩いてもいいというのか!?

 

おそらく、この筆者の根底にあるのは"自分以外を認めない"という感覚なのだろう。

 

痴漢はよくて、被害者はショックではないなどという子供でも分かりそうな嘘の理論を社会に出すのは今すぐやめてほしい。

 

私の友人には痴漢被害者もいる。
彼女は、泣く泣く家を引っ越すことになったり、電車や男性がトラウマになったりしているのに、そういった人の前で同じセリフを吐けるとでもいうのだろうか。

 

それならLGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどショックだ、精神的苦痛の巨額の賠償金を払ってから口を利いてくれと言っておく。

 

もはや、何も言うまい。
筆者は他人を貶め、自分を正当化することでしか自分の地位を見つけることができないのだろう。

 

やっていることが"いじめっ子"のそれ

まとめてみると

 

  • "LGBTsと痴漢だって同じことで、痴漢も擁護することになっちゃうよ?"という謎理論
  • "伝統保守主義者から言わせれば充分ふざけた概念"とかいうふざけた概念
  • LGBTs差別に加えて、女性蔑視まで

 

という内容であった。

 

そもそも、誰だって生まれた瞬間から生きる権利がある。
生きるとは息をしているだけではない。自由を感じ、自分の思考や趣向を他人を傷つけない範囲で表現する権利があるはずだ。

 

それをないがしろにすることこそ、差別であり、この論文は立派な差別である。

 

上記の内容を手短にまとめると

 

  • 等式の成り立たない言い訳
  • 自分の価値観の押し付け
  • 他者を軽蔑することで自分の地位を確立する

 

となり、やっていることは"いじめっ子"のそれである。

 

いい大人が何をいっているのだと情けなくなる。
はやく大人になってほしいと願いたい。

 

最期に、某有名なブログの名前を借りてこの記事は幕を閉じる。

 

まだ"差別"で消耗してるの?

 

【参考】

www.huffingtonpost.jp