私は雑兵

社内ニートが何者かになりたいブログ

【仕事/転職】ハローワーク vs 転職サイト

f:id:tawashi_ch:20180917092912p:plain

2ちゃんねる掲示板を見ていた学生時代。

よく「ニート乙wwwハロワいけwww」みたいな言葉を読んでいた。


だからこそ

退職した = ハローワークへ行く

という構図が頭にできていたのだが、実際に退職を経験してみて転職サイトに出会って思った。

 

ハローワークと転職サイトの違いってなに?

今日はそんな疑問を簡単に軽く説明していこうと思う。

 

【目次】

 

地元企業に強め ハローワーク

まずはハローワークの特徴からみていこう。

 

メリット

  • 地元の求人に強い
  • 用途別に事務所を構えてある
  • 転職のサポートが受けられる
  • 上記すべてが無料

 

なんといってもハローワークの強みは掲載無料であるため地元の小さな企業も求人を載せていることだ。


このため、転職サイトには掲載していない求人広告も多数存在する。

 

また、最近では用途別(若者向けや、シルバー向けなど)に合わせて事務所を構えている場合もある。


その他、履歴書の添削や面接の講座等を受けることができ、転職をサポートしてくれる面では非常にメリットのある場所だ。

 

デメリット

  • ブラック企業が掲載されやすい
  • 紹介状を発行するなどの手間がかかる
  • 担当者によっては不快な思いをすることがある

 

とはいえ、掲載無料であるためいわゆるブラック企業が求人に載りやすいのも確かだ。(要するに資本力のない企業でも求人を掲載できる)

 

そのほかにも、紹介状を発行してもらわなければならず手間がかかる点や、担当者によっては非常に不快な対応をされることも覚えておこう。

 

手軽さが売り 転職サイト

では次に転職サイトの特徴をみていこう。

 

メリット

  • 求人サイトが見やすい
  • 掲載情報が多い
  • Web応募が可能

 

まず求人サイトの見易さがあげられる。

 

写真も多く、色使いも考えられて情報が整理されていたり、最近では取材をしてその様子を詳しく伝えてくれるサイトもある。

 

また、Web応募が容易で、Web履歴書を作成してくれるサイトもありとにかく手軽さが売りとなっている。

 

他にはハローワークと違い掲載が有料なため資本力のない会社は求人を載せられないというのが今の時代的な強みだろうか。

 

デメリット

こちら、実をいうとあまりデメリットはない。

 

あるとすればハローワークの逆で地元の小さな企業は載っていないことが多いところであろうか。

 

以上を踏まえて

さて上記結果を考慮した結果、個人的に求人を探すときはハローワークで見つけて、転職サイトで検索 → 応募が手軽であると思っている。

 

また、転職するのであれば『企業名 ブラック』等で検索する技術も併用してほしい。

 

もちろん、ハローワークのみに掲載している求人がすべてブラック企業ではない。

要は自分の身は自分で守れ。そういうことなのだろう。