私は雑兵

社内ニートが何者かになりたいブログ

【社内ニート】なにもないオフィスで身に着けるならVBAがおすすめ

f:id:tawashi_ch:20180910202420p:plain

社内ニートのみんなー!こんにちわー!

 

\ コンニチワー /

 

ここ最近、仕事がなくて暇してる?


先行きが不安?


そうだよね?不安だよね?わかるぅ!

 

そんなみんなと、今日はVBAについてお勉強しちゃうぞ!


最後まで、ユックリシテイッテネ!!!

 

【目次】

 

なにもないオフィスで暇!→VABを勉強することをおすすめします

社内ニートで大変なのは、PCが目の前にあれど遊べないことである。

 

後ろを通る社員にビクビクしながら遊ぶことはできるが、それでも堂々とスマホをいじったりなどはできない。

 

資格勉強も会社によっては難しい場所だってある。

本やノートを開いてならばなおさらだ。

 

さて、そんな中、技術を磨きたいと思っている意識向上系社内ニートのみなさん。

是非、VBAを勉強してみてはいかがだろうか?

 

そもそもVBAとは?

VBAとはVisual Basic for Applicationsの略でMicrosoft Officeシリーズに搭載されているプログラミング言語である。

 

あんまりピンとこない人も多いかもしれないが、このプログラミング言語を利用して開発をしている企業は意外に多い。

そのためMicrosoftVBAを廃止するに至っていないという経緯がある。

 

たとえばExcelで5行ほどのコピーであれば簡単だが、これを10,000行コピーするとなると骨が折れる。

しかしVBAを利用すればボタン一つでできてしまう優れものなのだ。

 

では、なぜVBAがおすすめなのか。その理由を詳しく記載しておこう。

 

VBAがおすすめの理由1 導入が簡単

まず第一に、導入が簡単ということがあげられる。

 

そもそも、よほどマニアックな会社ではないかぎりPCのOSはWindowsだろうし、よほど貧乏な会社でなければOffice系ソフトは導入されているだろう。


このOffice系ソフトさえあればコーディング(プログラミング)を行うことができるため、導入が簡単、というより導入が不要である。

 

また、企業の方針で「勝手にソフトをインストールしないでね」となっているPCでも元々インストールされているものを利用するので怒られることはまずないのだ。

 

VBAがおすすめの理由2 開発中、仕事をしているように見える

次に、開発中は仕事をしているように見えるというのがあげられる。

 

開発中、開くのは基本的にExcelやWordである。もう、どこからどうみても仕事をしている。

 

これでは社内ニートに見えまいウシシ……な状態で時間を過ごすことが可能だ。

 

ちなみに、コーディングの楽しさに目覚めるとかなり技術向上が見込めたり、簡単なゲームも作成することもできる。

私はあまりの楽しさにゲームを作成している最中だったりする。

 

VBAがおすすめの理由3 需要が結構ある

これが最重要だと思うが、VBAは需要が結構ある

 

たとえば今の会社を辞めて転職を考えているときにVBAを使えると社内システムなんかで重宝することがおおいのだ。


また転職以外にフリーランス案件としても以外に多いのでフリーランスのための技術がほしい!というときにもおすすめである。

 

個人的に、フリーランスであればAccessも同時取得するとよいと思うがそれは捨て置く。

 

VBA技術を獲得して社内ニートを脱しよう

いかがだっただろうか?VBAに興味を持てただろうか?


Googleで検索すればVBAの記事はいくらでも引っかかる。

そのため先生等は必要なく独学で充分な技術を得ることが可能だ。

 

以上が社内ニートから社内ニートに送る社内ニート生活を謳歌する一つの方法である。

もし社内ニートでくすぶっているのに嫌気がさしたら、参考にしてほしい。