私は雑兵

社内ニートが何者かになりたいブログ

【仕事】社畜→社内ニートになって気づいた定時退社の重要性

f:id:tawashi_ch:20180906211858p:plain

今日も、社内ニートである。

 

社内ニートの長所は定時退社できることであろうか。

仕事がないので残っているだけ会社はマイナスになる。

(存在自体が負債であるということは、捨て置こう)

 

しかし、そんな社内ニートの私だが、過去には社畜に近い生活をしていたこともある。

今回はそんな経験でも書いてみようと思う。

 

【目次】

 

社畜、地獄の一週間(一週間で終わればよい方)

さて、社畜である。

 

当時、システムが止まりプロジェクトは瞬く間に火の海へと化した。


鳴り荒れる電話。

タクシーで現場へ向かう上司。(そして同行する私)

 

当時、プロジェクトを任されていた若い男性社員は日に日に痩せていき、気が付けばプロジェクトの長が別の人になっていた。

 

そんな当時のタイムスケジュールはこんな感じだった。

 

社畜のスケジュール】
6:30 起床
8:30 出社
9:00 始業



23:00 退社
00:00 帰宅
1:00 ペットと戯れる
2:00 就寝

 

なんと4時間半しか寝ていないが、これでも「まだまだじゃーん(笑)」と言っている人がいる。

 

気付いてほしい。

異常なのはどちらも同じだ。

 

毎日、起きては会社に向かい、帰宅しては風呂に入りペットを小屋から出してやり、就寝するだけの毎日。

食事はコンビニで買い、食べ歩きながら帰る。


健康を置き去りに時間を捻出し、きがつけば1週間。

あ、この土日も出勤だ、などよくある話である。

 

その後、社内ニートになりまして

さて、そのプロジェクトも見切りが付き、いくつかの地獄をたらいまわしにされた後、私は無事、社内ニートになった。

 

久々に定時退社をして気づいたことがあるとすれば、この世の中の定時退社をしている人の多さである。


18時台の電車は、いつも満員だ。

 

23時に帰宅していた頃は「みんな忙しいんだなぁ」と思っていたが、実際は定時退社している人も多いのだ。

 

明るいうちから帰宅して、夕飯もお弁当も作れて、帰りにゲーセンも寄れる。

なんと素晴らしい日々だろう!なんと晴れ晴れした気持ちなのだろう!

 

社畜をしていたときは毎日、人々のいなくなった時間に帰宅をしていたため、薄暗い場所を忍者のように帰っていた。

 

しかし、今は違う。


明るい日差しの下を堂々と闊歩する。

これのなんと心地よいことか。

生きた心地とはこのようなことではないか。

 

家に帰り、ペットと遊んでも時間は有り余っている。

NHKの番組2355を見ることはできないが、他の番組を見ることができる。積みゲーだって好きなだけクリアできるぞ!ばんざーい!

 

時間?給与?

さて、社内ニートになって一つだけ困ったことがあったとすれば給与面である。

 

今までは残業をしていたため、かなりの金額を稼いでいた。

が、社内ニートは残業をしないため、給与は明らかに減っていた。

 

毎月、減っていく通帳を眺めながら「社畜のころが懐かしい」と思ったこともある。

 

だが、健康を害してまで残業をすべきかと言われると疑問である。

 

健康はお金で買えるというが、はたしてそうであろうか?

体を患って、治すためにお金をつぎ込み、また患っての繰り返しは、はたして心地よいものなのだろうか。


私は当時のことを思い返しても戻りたいとは思わないのだ。

 

とはいえ、社内ニートも暇で辛い。中間が一番だなあ、と私は最近そう思っている。