私は雑兵

社内ニートが何者かになりたいブログ

【仕事/退職】「私がいないと会社が回らない」とか考えなくて、全然OKです(笑顔)

f:id:tawashi_ch:20180828202042p:plain

「毎日、人格否定されて辛いです……(;;)」
「別れたいって毎日思ってます……(;;)」

 

毎日Twitterでそうつぶやいている女の人に「早くわかれなよ~」って声をかけると決まって

 

「でもあの人には、私がいないとだめだから……(;;)」

 

と言われる現象。

 

いや、ドラマの見すぎで実際には遭遇しないから……と思っていたら、学生時代の後輩がいままさにこの状態である。

 

さて唐突で申し訳ないが、個人的にこの思想は退職にも通じるものがあると思う。


就職活動は恋愛活動と同じ、と言われるが、そこまで似なくてもよかろうに

 

【目次】

 

退職を決断! → 自分が請け負っている仕事は引継一番、放り投げ二番

さて、退職の意思を決めたけが自分が請け負っている仕事がある場合どうすればよいのだろうか。

 

「この仕事、私がいないとダメだしやっぱり退職したらいけないのかな?」と思っているそこのあなた。

 

完全にダメ男に引きずられる女性のパターンである。

 

もちろん、円満に辞めるのであればきちんと引継ぎをするのが一番である。

1ヶ月ほど引継期間をもらい、その間に後任者とコミュニケーションをとり、退社というのが理想である。

 

だが、もし退職理由がうつ病等であるのならば会社としてその辺をリスクヘッジしていて当然なので放り投げて辞めても問題ない

 

そもそも、誰かがいなくても回るように管理するのが上の人の仕事で、それが会社というもの。

 

であれば、自分がいなくなって潰れるのであれば、それは自然節理で潰れたようなもので自分のせいではない


ましてや、うつ病等、精神的苦痛を会社からうけているのであれば恨みを晴らすならともかく、恩は感じる必要性がどこにもない

 

自分の回復にかかる時間は自分の人生から失われる時間に等しい。

それを少しでも縮めるためには原因から逃げるのが一番なのだ。


「自分がいなくなれば、この部署は回らないから……」なんて嘘である。
「君がいないと、この件、だれが処理するの?」勝手にやってくれということだ。

 

会社に引き留められた! → 会社はあなたの今後の人生に責任を負ってはくれません

知人の話になる。

彼女はとある会社で働いていたが「この会社とは方針も違うし、どこかで転職しよう」と考えていた。


当時、仕事での一言が原因で自殺まで考えたが、あるとき、自分の憧れた会社がセミナーを開くことになった。

 

友人の勧めでセミナーへ向かうとなんと従業員募集の文字が!

 

「是非、働かせてください!」

 

その一言が実を結び、その2週間後内定をもらうに至った。


彼女はすぐに会社の上司へ連絡。すると、その上司から言われた一言があった。

 

「君、大阪転勤を考えていたんでしょ?自分で異動の希望を出しておいて退職とか、それ、人としてどうよ?」

 

そう、彼女は転職を希望しながらも内定をもらってはいなかったため、大阪への転勤が決まっていたのだ。

 

しかし、私から言わせてもらえば『そんなのオマエでどうにかしろ』である。

 

自分が思い描いたキャリアがあって、それに向かってのチャンスをつかんだ時に「人として」すべきはチャンスに向かって前進することであり、上司の機嫌を取ることではない

 

上司はそれが仕事だ。

確かに、頑張ってもらった感謝はすべきだろう。

 

しかし、そのために内定を蹴るまでする必要はどこにもないのだ。

 

目標に向かった退職は自分の意思でつかみ取ろう

穏便に済むことにこしたことはないが、必ずしも退職がそういかないことを理解しておいてほしい。

 

たとえば、人生の目標が「波風立てない生活をする」であれば、そうすればいい。


しかし、夢に向かって走っている最中に文句を言ってくる人はもしもの時に助けてくれたりしない

結局は自己責任なのだから、夢にまっすぐ突き進んでほしい

 

余談だが、ダメ男と付き合っている後輩は毎日Twitterで呪詛を吐き続けている。

退職であればアドバイスできるが恋愛のことはよくわからないので、見守るしかいまのところ術がないのが残念である。