私は雑兵

社内ニートが何者かになりたいブログ

【趣味】バイクは格好悪いか

f:id:tawashi_ch:20180803204444p:plain

たまには、楽しいことを更新する。

 

私はバイクに乗っている。原付ではなく250ccという絶妙な排気量のバイクだ。
免許は大学時代に取得し、バイクは社会人になってから購入。2年ほど乗っているが、乗れば乗るほど自分のバイクに愛着がわいていく。

 

さて、そんなバイクだが、なぜだか最近はダサい、邪魔、危険という言葉がセットになるようになった。


今日はその辺について話をしていこうと思う。

 

 

バイクはダサい?

バイク、といえば皆はどのようなイメージだろうか。

 

マフラーからブンブン大きな音出して走ってる騒音災害?それとも信号で停まってるとき追い越してくるウザい存在?はてまた音量大で音楽流しながら走っている?

 

そうだな。だがな、それらは個人的にバイク乗りからしてもダサいと思うぞ?

 

バイクがダサいわけではない。それに乗っている人間の心意気がダサいのだ。そう、もっと簡単にいうなれば、人に迷惑をかけてまで路上という公共の場を我が物顔で走っているのがダサい

 

バイク、いや技術というのはそれ単体に善悪はない。あるとすればそれは使用する人間の心意気なのだ。


マフラー吹かして粋がっている?信号で停まってるとき追い越してくる?音量大で音楽流しながら走っている?それは全部、公共の場でやらなきゃならんことかね?

 

結論、バイクはダサくない。迷惑を勝手にかけてくるバイク乗りの心意気がダサいのだ。

 

バイクは邪魔?

正直に言うと、邪魔である。バイクを運転していても、車を運転していても、チョロチョロ走られて邪魔といったらない。

 

しかし、個人的にそれはルールを守らない連中が邪魔、というだけの話だ。車の左から(原付もそうだが)追い越したり、車線変更とか関係なしに走ったり、ウィンカーを出さずに走ったり。


だが、これは別にバイクに限った話ではなく、車であっても同じことであろう。

 

それが故に、バイクが邪魔とかそういう理論ではない。ルールを守らず走るバイク乗りが邪魔なのだ。もうすべてはここに帰結する。

 

余談だが、車の左側をすり抜けするのは本当に危ないからやめたほうがよい。これは普通に忠告である。

 

バイクは危険?

倒れれば、即もみじおろし

 

……と言ってみたが、実際のところはどうだろうか。私自身、2回転倒しているが大きな怪我を負ったことがない。それはなぜか。


速度を順守し、カーブでは速度を落とす。すなわち、安全運転をしているからだ。

 

バイク乗りを想像する際、なぜか皆、バイクレーサーを思い出すらしい。スピード上げて!コーナー曲がろうとアクセル吹かして!曲がりきれず!爆破!みたいなのは、公道でまずないので安心してほしい。

 

もちろん、そういった走行が好きな人もいる。しかし、そういった走行をしなければ、至極安全であり、車と一緒で危機予測だけできていれば、無理な運転などしないはずである。

 

だからと言って、確かに安全とは言えない。しかし、それは車も同じことであろう。車だって公道を走らせたその時から、事故をするリスクを背負うのだ。バイクだけが危険視されるのはどういった料簡なのだろう。

 

バイクも車両。車と同じ。

ここまで読んでくれた人が、どういった経緯で読んでくれたかはわからないが、私はこうまとめよう。

 

バイクも車両、車と同じである。

 

事故もすれば、爽快感を得ることもできる。確かに転倒はあるが、それ含めての危険予測であり、それができないのであれば、そもそも免許を取得すべきではない。


公道ではスピードを出した者が勝者ではなく、制限速度を守ったものが正義なのだ。安全運転をして、周囲に迷惑をかけないことが当たり前なのである。

 

この記事が、バイクに乗りたくてためらっている人の背中を少しでも押せたら幸いだ。

 

さて、どこかで自分のバイクを洗いたいのだが……この猛暑、おそらく無理だろうなぁ……