私は雑兵

社内ニートが何者かになりたいブログ

【仕事】拘束されるのが嫌で派遣社員やっている話

f:id:tawashi_ch:20180803204332p:plain

周囲にいる数少ない知人に「派遣社員をやっている」と告げると大抵、「え~、雑兵Aさんみたいな人が派遣~?」と言われる。
あえて言わせてもらおう。大きなお世話であると。

 

今日はそんな私が、右折湾曲した結果、なぜ派遣社員をやっているか細々と毒として吐いていく。

 

 

新社会人、正社員で入社

大学卒業後、私は新人のネームプレートを引っさげ、とある中小企業に正社員として入社した。


入社した先はブラック企業とは言えないものの、旧体質が強くのこっている会社で、たとえば有給を取ろうとしたら


「え?何に使うの?」


と言われたりする会社だった。


このため、気軽に休むことはできず、病気のときや免許更新を目的に有給を取得していた。

 

そうやって働いていくうちに、あるとき休日出勤を命令された。こちとら平日、死ぬような気持ちで残業をしているのに、休日も出勤とは地獄である。そんな思いを抱え、仕事をした。


作業は午前中で終わり、私は午後を満喫するためすぐさま家に帰った。
家でPCを立ち上げて遊んでいると、なにやら携帯が光りだした。みると、ディスプレイに会社名が浮かんでいる。嫌な予感がする。電話を取ると、上司が言った。


「ごめん、やること他にあったから、また出てきて」

 

私、転職を決意する

結果、私は嫌気がさし、その出来事がきっかけではないが会社を辞めてしまった。(原因は別の機会に話そう)

 

では何がいやだったのだろうか。解析した結果、私は仕事時間でプライベートを塗りつぶされたくなかったのだということに至った。

 

であれば、と私はアルバイトを始めた。とある食堂のスタッフだ。基本的には土日祝しか仕事がなく、行き詰った私は次にWワークとして派遣社員へ登録した。


そこで私は、派遣社員の醍醐味を知ってしまうのだ。

 

キャリアアップは望めない派遣社員。でも……

派遣社員にキャリアアップという言葉はほぼ存在しない。特に、私が最初に入ったのは倉庫作業員だったのでなおさらだった。


食堂で学生と戯れながら、はてまた平日は主婦たちに交じって倉庫に通う。休日は週に1日だったが、それなりの給与をもらえていたし、休みも取ろうと思えば取れた。

 

ある日のこと。大雪が降り、倉庫へ通うことが困難な日があった。この時、私は車を持っておらず、自慢のバイクでの雪道走行は困難であった。


その日、私は思い切って仕事を休んだ。


しかし、だれもこのことを咎めなかった。理由も聞かれない。そのとき私は


(こういった働き方もあるのか)


と素直に驚いた。


休みを取得しても怒られない。これって、なんて最高なのだろう。

 

生きること=仕事が苦痛なので

"好きなことを仕事にしたら、一生働かなくてもよい"というのは孔子の名言だが、はてこのように過ごせている人はどれほどいるのだろうか。


YouTuberやブロガーはまさしくそのような人生を体現している人たちなのだと思う。しかし、今の自分はそうではない。

 

事務の仕事は嫌いではない。しかし、好きでもない。
私はここにお金をもらいにきているのだし、遊びにきているのではない。

 

それでいいと思う。少なくとも、私自身は。
だからこそ、生きること=仕事、という考えがあまりにも苦痛だったのだ。であれば、生きること>仕事という式に変える手法を取るしかない

 

それが、私の場合派遣社員だったのだ。

 

もし、働き方に悩んでいる人があれば、こういった働き方をしている人もいるのだと思ってほしい。
良くも悪くも人生、己がやったこと次第である。